公募・助成・レジデンス – 国内

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報を掲載していきます。
詳細は各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。
▶ 一覧に戻る

, 山形国際ドキュメンタリー映画祭2019 作品募集

山形国際ドキュメンタリー映画祭2019 作品募集


【内容】隔年で開催され第16回目を迎える、山形国際ドキュメンタリー映画祭2019でインターナショナル・コンペティション、アジア千波万波の上映作品を募集。応募者は希望するプログラムを1つ選ぶ。

【開催日】2019年10月10日[木]-10月17日[木]

【応募締切】(すべて消印有効)

・インターナショナル・コンペティション部門
第1次締切:2018年12月15日(2018年10月31日まで完成の作品)
第2次締切:2019年4月15日(2018年11月1日以降完成の作品)

・アジア千波万波:2019年5月15日

【WEB】https://www.yidff.jp/home.html
締切まで あと約 234 日
, 第22回文化庁メディア芸術祭 作品募集

第22回文化庁メディア芸術祭 作品募集


【内容】

文化庁メディア芸術祭はアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバルです。時代を映し出す新たな表現を募集します。
2017年10月6日(金)から2018年10月5日(金)までの間に完成または、すでに完成してこの期間内に公開された作品(更新、リニューアルされた作品で上記期間中に完成、または発表された作品も応募可能)。ほかにも条件あり。

【対象分野】4部門(アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガ)

【応募締切】2018年10月5日(金) 日本時間 18:00 必着

【WEB】http://festival.j-mediaarts.jp

締切まで あと約 12 日
, 第16回『美術手帖』芸術評論募集

第16回『美術手帖』芸術評論募集


【内容】1954年、次代の芸術評論を切り拓いていく新しい才能の開花を目指し、月刊『美術批評』の「新人評論募集」として創設。第2回以降は『みづゑ』『美術手帖』『国際建築』『デザイン』各誌の連動のもと、第8回以降は『美術手帖』を媒体に、評論家の登竜門として多数の才能を発掘してきました。2014年の第15回(審査員は谷川渥、椹木野衣、松井みどり)では、69件の論考が寄せられ、第一席にgnck(ジーエヌシーケイ)の「画像の問題系 演算性の美学」を選出。また、次席には塚田優、佳作には井上幸治、勝俣涼、中尾拓哉の論考を選出しました。受賞者たちは『美術手帖』での執筆のほか、著作の刊行などめざましく活躍しています。『美術手帖』70周年を記念し5年ぶりの開催となる今回は、審査員にも新たな顔ぶれを招いて実施します。

【応募締切】2019年1月11日23:59(必着)

【WEB】http://www.bijutsu.press/hyoron/
締切まで あと約 110 日
, 京都芸術センター 第39期 制作室使用者募集

京都芸術センター 第39期 制作室使用者募集


【内容】

京都芸術センターでは、制作支援事業として12室の「制作室」を無償で提供しています。
制作支援事業では、自身の制作を見つめ直し、目的を据えて制作にあたる挑戦的な取り組みを歓迎します。じっくりと制作に取り組み(最長3ヵ月間)、作品を発表した後、作品や制作について振り返る(事業報告書の提出)ことで、芸術家が自身の活動をブラッシュアップすることを目指しています。ウェブサイトの募集要項をご覧いただき、ご不明な点はお気軽にお問合せ下さい。沢山のご申請をお待ちしております!

【使用期間】2019年4月1日(月)-2019年9月30日(月)

【応募締切】2018年9月1日(土)-2018年9月30日(日)

【WEB】http://www.kac.or.jp/program/21908/

締切まで あと約 7 日
, 群馬青年ビエンナーレ 2019

群馬青年ビエンナーレ 2019


【内容】

【対象分野】「群馬青年ビエンナーレ」は、若い世代を対象とした全国公募の展覧会です。群馬県立近代美術館の開館後まもない1976年にはじまった「群馬青年美術展」を引き継ぎ、1991年以来隔年で開催されています。第14回となる今回も、若いアーティストの皆さんから、ジャンルを問わず、意欲あふれる作品を広く募集し、入選作品を2019年2月から展示室で公開します。「群馬青年ビエンナーレ」から世界へ羽ばたく作家の登場を願っています。

【賞】大賞:1点 100万円(当館買い上げ)ほか

【応募締切】2018年 9月26日(水)当日必着

【WEB】http://mmag.pref.gunma.jp/exhibition/schedule/bien2019.htm

締切まで あと約 3 日
, ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019


【内容】

初開催の1999年、ラフォーレ原宿で上映した作品は30作品(開催期間は3日間)でした。それから20年がたったいま、世界から約1万本のショートフィルムが集まる国際短編映画祭へと成長しました。この20年はショートフィルムの文化が日本に根付き、芽吹いた歳月だったと言えるでしょう。次の20年とその先へ。これからもショートショートが日本と世界をつなぐ窓となり、新時代を切り開くクリエイターと共に歩み続ける映画祭であるために、ショートショートが大切にしてきたことを改めて見つめます。

【応募期間】各部門による(多くの部門で2019年1月31日締切)

【WEB】http://www.shortshorts.org/2019_call_for_entry/guide.html
締切まで あと約 130 日
, 月刊美術 Presents 美術新人賞「デビュー2019」

月刊美術 Presents 美術新人賞「デビュー2019」


【内容】

美術新人賞「デビュー」は、美術雑誌「月刊美術」が主催するコンクールです。将来プロとして活躍する画家を育てたいという思いから2013年にスタートし、今年で7回を数えます。
美術雑誌だからこそできる若手支援とは何かを考え、賞金を授与するだけでなく、誌面で継続的に紹介し、画廊や美術関係者との橋渡しをすることで、皆さんの活躍を後押ししていきます。

【参加資格】日本在住で18歳以上45歳以下の方(2018年9月3日時点)

【応募期間】2018年9月3日(月)~10月25日(木)必着

【WEB】http://www.gekkanbijutsu.co.jp/debut/debut2019/
締切まで あと約 22 日
, JAMCA PRIZE 2018 フォトコンテスト 絵画/イラストコンテスト

JAMCA PRIZE 2018 フォトコンテスト 絵画/イラストコンテスト


【内容】

JAMCA(全国自動車大学校・整備専門学校協会)が、「JAMCA PRIZE 2018」を開催します。若者たちの青春のワンシーンや身近なクルマをテーマにした写真、理想のクルマや未来のクルマをテーマにした絵画・イラスト等をご応募ください。素晴らしい作品、面白い作品をお待ちしています。

【賞】グランプリ(1点) 賞金30万円、賞状 ほか

【応募期間】2018年10月13日 (土) 作品提出・応募締切

【WEB】http://www.photo-con.jp
締切まで あと約 20 日

京都文化力プロジェクト 野外インスタレーション公募展 作品プラン募集


京都文化力プロジェクト 野外インスタレーション公募展 作品プラン募集 本プロジェクトの2018(平成30)年度のリーディング事業として、国内外のアーティスト、クリエイター、建築家等から、野外に一時的に創出されるインスタレ...

Read More
, 国際芸術センター青森(ACAC)  アーティスト・イン・レジデンスプログラム 2015/Autumn「航行と軌跡」


国際芸術センター青森(ACAC) アーティスト・イン・レジデンスプログラム 2015/Autumn「航行と軌跡」



国際芸術センター青森(ACAC)では、さまざまな芸術の分野で活躍するアーティストを招聘し、期間中の滞在創作を支援し、展覧会を開催するとともに、協働制作、オープンスタジオ、ワークショップ、レクチャーなどの交流プログラムを開催することにより鑑賞者に多様な芸術体験の場を提供することを目的としています。滞在期間は2015年9月〜12月の約3ヶ月間。滞在期間中、アーティストとアーティスト、アーティストと地域住民や学生との出会いとその相 互作用により、新たな創作の場が生成されることが期待されます。宿泊場所、スタジオの提供。制作費用の補助およびアーティストフィーが支給されます。2015年のプログラムのテーマは「航行と軌跡」
です。

【応募対象】現在活動しているアーティスト(ジャンルは問わない)55日以上滞在可能なこと。
公募人数4人
【応募締切】2015年5月21日(必着)
【WEB】http://www.acac-aomori.jp/public/
締め切られました
助成: