公募・助成・レジデンス(終了分)

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報を掲載しています。
 
2014年7月以前終了の公募情報はこちらからご覧ください ▶

, 国内専門家フェローシップ制度 2019年度 研修者 募集

国内専門家フェローシップ制度 2019年度 研修者 募集


【内容】国内専門家フェローシップ制度は、新たな学びの場となる多様な実務研修と、人的交流の機会を設けることで、実演芸術の創造、継承、発展に資する能力の向上と、国内専門家同士のネットワーク構築を目的とした国内研修制度です。のちに後進の指導も担いうる中核的存在となる専門人材を全国に育成することを目指し、こうした研鑽の機会を提供します。選考を経て内定した後に、研修者の希望、研修目的及び将来 計画に沿って、研修先や研修期間等について事務局によるマッチングを行います。対象は音楽、演劇、舞踊、演芸、伝統芸能等の実演芸術分野において、プロデューサー、アートマネジメント人材、舞台技術者等として活動する者。

【応募締切】2019年3月25日(月) ※必着

【WEB】https://www.geidankyo.or.jp/renkeikoryu/fellowship/
締め切られました
, The COPIC AWARD 2019

The COPIC AWARD 2019


【公募テーマ】「COPIC AWARD」とは、コピックを使用し創作された作品を発表する場をインターネット上で提供し、世界中のコピックファンを作品でつなぎ、コピックでの作画・制作をより楽しいものにすることを目的としたイベントです。第1回目となったコピックアワード2017の作品応募総数はなんと1500点。日本を始め、世界中から作品応募がありました。第2回目となる今回はカテゴリにとらわれない、多様な作品を募集します。

【内容】

・ コピックを使用し制作した平面もしくは立体の作品を募集します。画材の併用は可能です。
・ L594mm x W420mm x D300mm以内、重さ5kg以内
(基底材に陶器やガラスなど破損しやすい材質のものは使用しないでください。)
・ テーマは自由に設定してください。デザイン・アート・イラスト・クラフト等のジャンルは不問です。
・ 原則ひとり1作品の応募に限ります。
・応募作品はオリジナルのものに限り、第三者の知的財産権を侵害しないものとします。

【応募締切】2019年3月1日(日本時間 PM12:00)

【WEB】https://copicaward.com/ja/
締め切られました
, Rabbit Island Foundation レジデンスアーティスト募集(ミシガン/USA)

Rabbit Island Foundation レジデンスアーティスト募集(ミシガン/USA)


【内容】Rabbit島はミシガン州のKeweenaw半島から東に3マイルのスペリオル湖にある森に覆われた島です。レジデンスはあらゆる分野の芸術家、作家、詩人、建築家、デザイナー、ミュージシャン、映画制作者、作曲家、振付家等、世界中から応募可能。申請者の最低年齢要件は、2019年1月1日時点で21歳であること。滞在期間は14日〜30日以内。助成額は平均2000USドル。応募者は意欲的で、独立し、遠隔環境で自分のスケジュールを管理することができなければなりません。申請者は屋外キャンプ、荒野への旅行、ボートの取り扱い、応急処置の経験があることを強くお勧めします。島の性質と場所のため、レジデンスはハンディキャップのある方には対応できない場合があります。
【締切】2019年2月16日(土)
【web】http://rabbitisland.org/art
締め切られました
, LUXELAKES•A4美術館(元A4コンテンポラリーアートセンター)AIR公募(成都/中国)

LUXELAKES•A4美術館(元A4コンテンポラリーアートセンター)AIR公募(成都/中国)


【内容】A4美術館は、2008年3月にChengdu Wide Horizo​​n Investment Group Co.、Ltd.によって設立され、2016年には、成都のLUXELAKES ECO-CITYにあるアートセンターに移転し、活動を行うノンプロフィットの美術館です。2013年4月のプロジェクト開始以降、A4のAIR国際交流プログラムは、中国および海外からの多くのアーティスト等に、お互いに交流し交流する機会を与えてきました。
本プロジェクトは、中国および海外のアーティスト、キュレーター、研究者を対象に、A4美術館に1〜3ヶ月滞在します。往復航空券、宿泊施設、スタジオ、材料費、さまざまな種類のサロン、セッション等を提供。アーティストは美術館スタッフによる専門的にサポートを受けることが可能。滞在中、アーティストはさまざまな活動に参加し、期間最終には展覧会を開くことが可能。

【締切】2019年2月25日(月)
【web】http://www.a4am.cn/artist_apply/926
締め切られました
, 神山アーティスト・イン・レジデンス2019公募

神山アーティスト・イン・レジデンス2019公募


【内容】神山アーティスト・イン・レジデンス(KAIR)実行委員会(以下、主催者)は、1999年度より国内外から芸術家を招聘し、創作活動を支援するAIR事業を開始しました。『とくしま国際文化村』構想のコアの一つとなる活動です。国内外から招聘した芸術家が、地域住民の協力のもと創作活動に専念できる環境を提供し、ここで得た体験が今後の作家活動に何らかの好影響を及ぼすとともに、芸術と呼ばれる分野及びそこに生きる人々との交流に恵まれることの少ない地域住民が、この事業を通じて新しい発見、新しい価値観、新しい交流を享受できることを目的としています。「自然に恵まれ人情味あふれる日本の田舎」、神山に身を置くことによって生まれる「インスピレーション」と、住民との出会いによって生まれる「カルチャーショック」で紡ぎだされる創意あふれる作品を期待しています。芸術家が有形無形の「神山」に触れ合うことによって創作された作品を通して、「未知との出会い と交わり」が作家自身に、あるいは神山にどのようなインパクトをもたらすかを探っていきます。
【締切】2019年2月20日(水)

【web】https://www.in-kamiyama.jp/art/diary/30366/
締め切られました

公益財団法人 アイスタイル芸術スポーツ振興財団 現代芸術振興助成


【内容】 この法人が現代アートの制作・展示活動に対して助成することを目的として制定した「芸術スポーツ振興助成制度」に基づき、当該活動を奨励することによって、芸術の振興に寄与しようとするものです。 【対象となる活動】 現代...

Read More
, 池袋アートギャザリング公募展 IAG AWARDS 2019 参加アーティスト募集

池袋アートギャザリング公募展 IAG AWARDS 2019 参加アーティスト募集


【内容】芸術劇場を擁し、芸術文化を核とした街づくりを推進する池袋エリアは、街そのものが、様々な分野のアーティストが集い、表現し、発信する劇場であり、舞台であることを目指しています。
そんな池袋の街とアーティストをつなぐプロジェクト「池袋アートギャザリング(IAG)」は、一人でも多くのファインアーティストの方々にこの舞台にあがっていただき、その活動を池袋の街とともに支援したいとの願いからアワードを2017年にスタート。現役美術作家を審査員とし、美術業界との連携を重視するアワードの成果として、その入選をきっかけに美術界への飛躍を果たしたアーティストを多数輩出するほか、入選アーティストが地域プロジェクトへ起用される実績も重ねつつあります。
【締切】2019年3月5日 (火)
【web】http://kaiyu-art.net/iag.php
締め切られました
, apexart NY以外での展覧会企画募集

apexart NY以外での展覧会企画募集


【内容】apexartは3つの展覧会企画を世界中から募集します。選ばれた企画はapexartの2019年度の展覧会として行われ、ニューヨーク以外の世界のどこかの場を会場とします。キュレーター、アーティスト、批評家等、経験値や場所等関係なく、企画はネット上で募集します。CVや画像等を含む申請書ではなく、なぜその展覧会を行いたいかのみを記載してください(英語で500単語以下)。また、応募者は展覧会開催希望場所を必ず訪れた上で応募してください。審査員は70カ国におよぶ300以上のバラエティに富んだ方々です。

【応募期間】2019年2月1日(金)〜3月1日(金)
【web】https://apexart.org/opencalls.php
締め切られました
, OPEN CALL 2019 Art Residency ECHANGEUR22

OPEN CALL 2019 Art Residency ECHANGEUR22


【内容】ECHANGEUR 22 (エシャンジャー 22)は、創造的な文化交流の促進を目指し、異なる国と文化を出自とするアーティストたちが一堂に会するレジデンスのプログラムを通じて若手作家の支援を行う非営利団体です。ECHANGEUR 22のミッションは、共通の芸術的言語を持つアーティスト同士が共同で生活・制作を行う場を提供することです。私たちは文化横断的な領域において新たなアイデアを試し、表現し、それを発展させるための技術的・資金的な援助を行うとともに、ワークショップやカンファレンスなどの様々な活動を通じて地域との密接な連携を行っています。今回のプログラムでは、フランスでのレジデンス・プログラムを実施。日本、フランス、ブラジル、韓国4カ国から1-2名ずつ対象者を選出し、フランスの St Laurentdes Arbres (南仏、アヴィニョンから北西に 約 20km)において同時期にレジデンスを行います。
テーマは「モビリティ」。アートにおける流通と移動という「モビリティ」をテーマに取り組んでいただきます。これは、ECHANGEUR 22 の活動の一環としてリオ・デ・ジャネイロと日本でレジデンスと展示を行う「モビリティ・プロジェクト」への参加の可能性を期待するものです。500-1000ユーロの滞在制作費 (助成金の状況により変動)、滞在中の生活拠点、渡航費(領収書の提示による実費の払い戻し)を支払い。
【締切】2019年2月28日(木)
【web】http://www.echangeur22.com/opencall.html
締め切られました
, 2019年度リサーチ支援型公募研究事業の募集

2019年度リサーチ支援型公募研究事業の募集


【内容】〈舞台芸術作品の創造・受容のための領域横断的・実践的研究拠点〉では、これまで京都芸術劇場 春秋座/studio21での「劇場実験」を伴う研究を公募してきました。2019年度より、「劇場実験」を伴うこれまでの公募研究に加え、劇場実験や作品の創作、発表に至前段階の「リサーチ」に特化した公募研究枠を新設します。

【対象分野】舞台芸術作品の創作に向けた文献調査やフィールドワーク、創作のための劇場実験を将来的に見据えた研究

【応募締切】2019年2月14日(木)

【WEB】http://www.k-pac.org/kyoten/public/
締め切られました
助成: