公募・助成・レジデンス(終了分)

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報を掲載しています。
 
2014年7月以前終了の公募情報はこちらからご覧ください ▶

, やまなしメディア芸術アワード2022

やまなしメディア芸術アワード2022


【内容】
『やまなしメディア芸術アワード2022』は、高い表現力や想像力あるいは高度なデジタル技術の技能を有する人材育成を目的としており、独創性の高い作品を顕彰するとともに、公募プログラムを新たな価値や技術を創出するプラットフォームと位置づけています。

【対象分野】
ウェブ上での閲覧、実行、動作、記録を確認でき、オリジナルな表現であればジャンルは一切不問です。
先端的なメディア・テクノロジーを駆使している作品はもちろんのこと、テクノロジーに批評的な視点を持った作品、これまでの定義では評価しがたい挑戦的な作品、これから芸術作品と呼ばれるような新しい表現など、多くの方々の応募をお待ちしております。

【応募締切】2023年1月25日(水)17:00 必着

【WEB】https://y-artaward.jp
締め切られました
, 「大阪アートフェスティバル」出展アーティスト公募

「大阪アートフェスティバル」出展アーティスト公募


【内容】
2025年大阪・関西万博に向け、「アートの魅力発信」や「将来の担い手育成」を図るため、大阪府が主催するアートフェスティバルです。
その中で、大阪府立江之子島文化芸術創造センター(enoco)において関西のギャラリー等による推薦アーティストと、審査によって選出された公募アーティストの2部門から構成される展覧会を開催します(いずれも展示だけではなく、作品販売も行います)。
多くの鑑賞者はもとより、アーティスト同士の交流、多様な美術関係者との出会いの機会をつくり、今後の活動に向けたネットワーク形成・育成の場となることを目指し、今回の公募では、今後を担う若手アーティスト(18歳以上40歳以下)を募集します。

【対象分野】ジャンルは問いません (平面・立体・映像・写真・インスタレーション・その他)※18歳以上40歳以下(2023年3月1日時点)であること

【応募締切】2023年1月20日(金)23:59

【WEB】https://osaka-art-festival.jp
締め切られました
, ESSAP(ENOCO SHORT STAY ART PROGRAM)募集

ESSAP(ENOCO SHORT STAY ART PROGRAM)募集


【内容】
enoco を文化芸術の拠点として更に機能させるため、人ともの、アートが行き交う場づくりにより地域の活性化を目指します。ESSAPでは、関西を拠点に活動する若手アーティストに3週間程度、無償で創作拠点を提供し、成果発表としてトークイベントやワークショップ、作品の展示などをしていただきます。このプログラムによって、大阪にてアーティスト活動をおこなう上でのきっかけづくりや人にとってアートが身近なものであることを体感していただくことを願っています。

【対象分野】
①芸術分野で活躍している関西在住の18歳以上の若手アーティスト(2023年2月時点で35歳以下であること)
②滞在期間中、地域の方々を対象としたトークイベント、ワークショップを開催でき、運営者とのコミュニケーションや協調が図れること。
③性別・国籍は問わないが、日本語で意思の疎通ができること。
④制作、生活に係る全てを独力で行うことができること。また、制作や活動の成果を発表し、展示作業及び撤去まで責任を持って行うことができること。
⑤移動及び期間中に新型コロナウイルス感染拡大防止に配慮して活動ができること。

【応募締切】2022年12月23日(金)

【WEB】https://www.enokojima-art.jp/even/t/9809
締め切られました
, アーティスト・イン・レジデンスプログラム「アーカス・リサーチ 2023」公募

アーティスト・イン・レジデンスプログラム「アーカス・リサーチ 2023」公募


【内容】
アーカスプロジェクトは、短期レジデンシスプログラム「ARCUS Research アーカス・リサーチ」を実施します。アーカス・リサーチは、世界中のアーティスト、キュレーター、研究者、博⼠過程の学⽣、作家など、⽂化・芸術分野の実践者や専⾨家を対象に、創造的な実験やフィールドワーク、リサーチのための時間と環境を提供する⾃⼰主導型のプログラムです。

【対象分野】
• アーティスト、キュレーター、研究者、作家など、⽂化・芸術分野の実践者や専⾨家であること。
• 教育課程を修了していること。ただし、博⼠課程在籍中の者は応募可とします。
• 健康状態が良好で、他⼈の⼿助けなしに⽇常⽣活ができること。
• 他の参加者と交流するのに必要な英語⼒を有していること。

【応募締切】2023年1⽉20⽇(⾦)23時59分59秒(⽇本時間)

【WEB】https://www.dropbox.com/s/vsmtbu0yw50wp1t/2023_ARCUSResearch_JP.pdf?dl=0
締め切られました
, 2023年度 アーツサポート関西  公募助成

2023年度 アーツサポート関西 公募助成


【内容】
A申請 :寄付型クラウドファンディング助成(団体)
資金援助が必要なプロジェクト(活動)を公募で選び、選ばれたプロジェクト(活動)をアーツサポート関西のホームページに掲載してオンライン等で寄付集めを行い、集まった寄付を助成金として交付します。

B申請: 一般公募助成 (個人・団体)
アーツサポート関西に寄せられた寄付金から総額300万円を個人・団体に助成します。

C申請: 個別寄金助成
・未来アート寄金 [個人] :関西を拠点に現代美術またはコンテンポラリーダンスの分野で活動するアーティストに対して、総額90万円を助成します。
・八千代電設工業伝統芸能支援寄金 [団体]:能狂言における団体が行う青少年の教育普及活動に対して総額50万円を助成します。
・上町台地現代アート創造支援寄金 [個人・団体]:大阪・上町台地の歴史、文化、宗教(寺社が連なる寺町の様相)などを現代アートとして表現する活動を支援。総額30万円。

※A申請、B申請、C申請のいずれか一つを選んで申請してください。重複申請はできません。
※関西を拠点に活動する個人・団体が対象となります。(上町台地現代アート創造支援寄金以外)

【応募締切】2023年1月10日(火)当日消印有効/メールの場合は1月10日23時59分まで

【WEB】http://artssupport-kansai.or.jp/grant_guidelines.html
締め切られました
, おおさか創造千島財団 創造的場づくり助成(2023年度)

おおさか創造千島財団 創造的場づくり助成(2023年度)


【内容】
大阪の創造環境向上のためには、アーティスト・クリエイターや彼らの活動を支える人を支援し育て、また様々なジャンルで活動するアート関係者同士や関係者以外をつないでいく有形・無形の「場」が必要だという認識に基づき、そうした場づくりに対して活動資金を交付します。

2023年度は、2つのカテゴリで募集をいたします。
・1-A 大阪府内の創造拠点助成
大阪府内に所在する創造拠点による、大阪のクリエイティブシーンを支え、活性化させる取り組みに対して支援をします。

・1-B ネットワーキング助成                                                           新型コロナウイルス感染症の影響で、移動が制限される状況において、アーティスト・クリエイターや芸術文化関係者等の創造環境向上を目的とした、ネットワーク形成を主とする優れた取組に対して支援をします。

【応募締切】2023年1月9日(月・祝)23:59

【WEB】https://chishima-foundation.com/topics/grant/cultivation_2023.html
締め切られました
, おおさか創造千島財団 スペース助成(2023年度)

おおさか創造千島財団 スペース助成(2023年度)


【内容】
造船所跡地を改装した創造スペース「クリエイティブセンター大阪(CCO)」の中の象徴的なスペースを、創造活動の舞台として無償で提供します。産業遺産という特殊なポテンシャルを持つ当施設の新たな魅力を引き出すような活動を募集します。活動資金の一部も助成金として交付。2023年度は助成金額を増額します。

【対象分野】
・創造的な活動を行う個人または団体(法人格の有無、法人形態は問わない)
・一般に公開され、情報発信を伴う活動(ジャンルは問いません)
・クリエイティブセンター大阪(CCO)内の以下のいずれかを利用して行う創造的な活動
a.旧総合事務所棟 4階 Drafting room(約1,300㎡)、3階Free space(約1,300㎡)
b.木津川沿いの旧ドック(船渠)周辺(約300㎡) ※屋外エリア

【応募締切】2023年1月9日(月・祝)23:59

【WEB】https://chishima-foundation.com/topics/grant/space_2023.html
締め切られました
, おおさか創造千島財団 創造活動助成 for U30(2023年度)

おおさか創造千島財団 創造活動助成 for U30(2023年度)


【内容】
大阪における創造活動を活発化するため、また大阪で活動する若手アーティスト、クリエイターを支援するため、活動資金の一部を助成金として交付します。
ジャンルや活動の形態は問いません。社会に新たな視点や価値観を提示し、「創造活動」の定義をも問い直すような意欲的な活動を重点的にサポートします。

【対象分野】
創造的な活動を行う30歳以下(※)の個人または団体(法人格の有無、法人形態は問わない)
※申請時、団体の場合は、代表者と構成メンバーの概ね半数以上が30歳以下
・大阪府を活動拠点とする対象者が、大阪府内外(海外を含む)で行う活動
・大阪府以外に拠点がある対象者が、大阪府内で行う活動
-ジャンルは問いません。

【応募締切】2023年1月9日(月・祝)23:59

【WEB】https://chishima-foundation.com/topics/grant/u30_2023.html
締め切られました
, The Fiminco Foundation call for applications for international curators

The Fiminco Foundation call for applications for international curators


【内容】
Fiminco財団は、ロマンヴィル(セーヌ=サン=ドニ県)を拠点とする3ヶ月間のキュレーター・レジデンスのために、国際的なキュレーターの公募を開始します。このレジデンスプログラムは、フランス国内外に在住するキュレーターで、年齢制限を設けず、新進気鋭の、または重要なプロフェッショナルであることを証明できる人を対象としています。

【対象分野】                                                                 レジデンスプログラムは、フランス国内外に在住するキュレーターで、年齢制限はなく、プロとしてのキャリアが浅い、または確立されていることを証明できる人が対象です。この募集は、フィミンコ財団のアーティスト・レジデンス・プログラムのダイナミズムの一環であり、2022年9月から2023年7月までの11ヶ月間、12人の国際的アーティストを同時に受け入れるほか、世界各地の機関パートナーと協力して単発のレジデンス・プログラムも実施しています。

【応募締切】2022年12月8日

【WEB】https://www.fondationfiminco.com/en/callforapplication/
締め切られました
, 京都芸術センター Co-program2023募集

京都芸術センター Co-program2023募集


【内容】
京都芸術センターは、異なるパラダイムの触発・融合・溶解の中から、新しく挑戦的な芸術文化を創造することを目指しています。そのために、創造の核となるアーティストや芸術団体との連携を強化し、その活動を支援することで新たな価値を創造する ”Co-program” を実施します。皆さまからの意欲的な企画提案をお待ちしています。

《募集枠》
・カテゴリーA「共同制作」(公演事業)
・カテゴリーB「共同開催」(展覧会事業)
・カテゴリーC「共同実験」(リサーチ、トーク、ワークショップ等)

【応募締切】2022年12月8日(木)メール必着 ※郵送・持込での提出不可

【WEB】https://www.kac.or.jp/32903/
締め切られました
助成: