公募・助成・レジデンス(終了分)

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報を掲載しています。
 
2014年7月以前終了の公募情報はこちらからご覧ください ▶

, ライクス・アカデミー レジデンスの説明会

ライクス・アカデミー レジデンスの説明会


【内容】オランダのアーティスト・イン・レジデンスである、ライクス・アカデミーの前ディレクターであるEls van Odjik氏と、現在のhead of residenceであるMartijntje Hallmann氏が来日します。この機会に、ライクス・アカデミーへの参加を希望しているアーティストを対象に、レジデンスの説明会を行います。

ライクス・アカデミーでは世界各地から選ばれた45~50人のアーティスト達に、スタジオ・スペースが二年間与えられます。経済的な不安や、慣れ親しんだ日常から離れ、世界各地から来るアドバイザーや、同世代の有望なアーティスト同士との刺激的な交流の中、各々の表現をより自由に深め、成長することができる環境が作られています。その参加への募集は毎年行われ、厳密なポートフォリオの一次審査と、アムステルダムでの面接の二次審査が行われアーティストが選ばれます。ライクス・アカデミーでは、この環境を最大限に有効活用して、次世代を担っていけるようなアーティストの応募を常に求めています。
ライクス・アカデミーへの参加にご興味がありましたら、是非足をお運びください。

【応募締切】11月2日(金)

【WEB】https://docs.google.com/forms/d/10f8Buj6OH8q68kS0WjaReW2KI7u8Wl_CsZlfvM3yYOQ/viewform?edit_requested=true
締め切られました
, 【TOKAS】平成31年度二国間交流事業プログラム派遣クリエーター公募

【TOKAS】平成31年度二国間交流事業プログラム派遣クリエーター公募


【内容】トーキョーアーツアンドスペースでは、海外の都市や芸術文化機関と提携し、各分野で活躍するクリエーターの育成・支援ならびに各都市と東京間の国際文化交流を促進するため、相互にクリエーターを派遣・招聘するレジデンス事業を行なっています。この度、世界各都市で約3ヶ月の滞在制作を行う派遣クリエーターを募集します。平成31年度は、7都市への派遣クリエーターを募集します。

【派遣都市】1) バーゼル/2a) ベルリン(助成あり)/2b) ベルリン(助成なし)/3) 台北/4) ヘルシンキ/5) ケベック/6) ソウル/7) ウィーン

【応募締切】2018年11月15日(木)日本時間18時まで

【WEB】http://www.tokyoartsandspace.jp/application/2018/10/r1005.shtml
締め切られました
, 「ASP(Artist Support Project)レジデンス2019 前期」公募

「ASP(Artist Support Project)レジデンス2019 前期」公募


【内容】2019 年より ASP はジョグジャカルタ(インドネシア)での活動に意欲をもつ作家やリサーチャ ーなど美術に関わる専門的活動を行う方を対象として、街の中心部に位置するアーティスト・ラ ン・スペースにて 30 日間のレジデンスを提供します。滞在目的に合わせてリサーチの手伝いや 情報提供などの支援をします。宿泊施設は無料(約3.5x4m の一部屋、机、スプリングマット レス、リネン、調理道具、WIFI など完備)。滞在期間中はトーク、パフォーマンス、上映会など の交流イベントの開催が可能。本公募では選考委員による書類選考とインタビューなどを経て レジデンス対象者を決定します。

【滞在期間】

(A)2019年1月1日(火) から2月22日(金)のうち、最⻑30日間

(B)2019年2月25日(月) から4月10日(水)のうち、最⻑30日間

【応募締切】2018 年 10 月 20 日(土)

【WEB】https://aspparangtritis.weebly.com/residence.html
締め切られました
, 第1回札幌駅前通AWARD

第1回札幌駅前通AWARD


【内容】まちづくりとアートの未来をつくる「札幌駅前通アワード」は、「札幌駅前通」を中心に札幌を文化的で創造的なまちとして発信することを目的に誕生しました。まちを面白くするアイデアや作品プランを2年に1度募集し、芸術文化にあふれた魅力的なまちづくりを目指します。

第1回札幌駅前通アワードは、赤れんが テラス5階にある「眺望ギャラリー テラス計画」を舞台とします。「眺望ギャラリー テラス計画」は、北海道庁赤れんが庁舎を眺望できるだけでなく、ギャラリースペースを併設し、アートや建築、デザイン、写真などの展示や様々な催しが行われ人々が交流する「創造の場」です。
この「眺望ギャラリー テラス計画」の機能や空間を生かしたまちづくりのプラン(まちづくり部門)、現代アートの作品展示プラン(アート部門)の2部門を募集します。

【賞】最優秀賞・賞金30万円(各部門1点)

【応募締切】2018年11月15日(木)必着

【WEB】https://www.sapporoekimae-management.jp/award/
締め切られました
, アジアン・カルチュラル・カウンシル (ACC)助成

アジアン・カルチュラル・カウンシル (ACC)助成


【内容】

米国およびアジア諸国において、母国以外の国/地域における専門的な研修や調査の機会を希求するアーティストや芸術、人文科学分野の専門家のための長期間のフェローシップ(研究奨学金)と短期間の渡航グラント(助成金)を提供しています。
◆ニューヨーク・フェローシップ(ニューヨークへの渡航滞在)
・ニューヨークに6ヶ月滞在するフェローシッププログラム。
・一人での滞在が条件です。
・ニューヨークにおける調査、研究、文化的な体験を目的とします。
・展示や発表、作品制作の助成をするものではありません。
・ACCのスタッフによる様々なアドバイスやサポートを受けることができます。
◆個人フェローシップ(米国、アジア地域内への渡航滞在)
1ヶ月以上6ヶ月以内の個人調査滞在プログラム。
一人もしくは二人での渡航が条件。

【応募締切】2018年11月15日(木)*事前に申請ログインアカウント登録が必要

【WEB】https://www.asianculturalcouncil.org/japan/application/
締め切られました
, Arteles Creative Center レジデンスプログラム公募(タンペレ/フィンランド)

Arteles Creative Center レジデンスプログラム公募(タンペレ/フィンランド)


【内容】

この新しい募集コースは、アーティスト、パフォーマー、様々な専門家の個人的な成長を促すガイド付きプログラムです。インストラクターからの1対1のサポートを含む、新しいコラボレーション方法と専門家の指導を通じて、プログラムはアーティストのクリエイティブな実践、日常的なやり方を広げ、強化するように設計されています。このプログラムは、この困難な時代に遭遇しているアーティストが活力と喜びある生活を生み出す方法を研究している本プログラムのインストラクター、Margi氏の10年もの研究から生まれました。滞在者は24時間使用可能のスタジオ、豊富な機材等を活用できます。また、個室の滞在部屋や朝食、瞑想のためのヨガスペース等も活用可能。利用料として1人2100ユーロ。

【滞在期間】2019年4月、5月(1ヶ月間)

【応募締切】2018年11月8日(木)

【WEB】https://www.arteles.org/new_course.html
締め切られました
, 【DenchuLab.2018】企画公募

【DenchuLab.2018】企画公募


【内容】旧平櫛田中邸(きゅうひらくしでんちゅうてい)の空間および、周辺の地域環境を活かした作品制作、展示、活動企画、特定のジャンルにとらわれない表現者の意欲的な活動を募集します。

DenchuLab .(デンチュウラボ)とは、まだ形になっていない表現や作品アイデアを試す研究・発表の場です。上野谷中地域で多彩な活動を展開するでんちゅうずが、日本の近代木工を拓いた彫刻家・平櫛田中の精神を受け継ぎ、あなたの創作をサポートします。DenchuLab.は地域住民の協働・交流を生み出し、地域資源の魅力が旧平櫛田中邸に息づくようなきっかけとなることを目指しています。

【応募締切】2018年10月31日(水)当日必着

【WEB】http://okatte.info/denchu/
締め切られました
, ARKO 大原美術館レジデンスプログラム公募

ARKO 大原美術館レジデンスプログラム公募


【内容】ARKO(Artist in Residence Kurashiki, Ohara)は、大原美術館によるアーティストのレジデンス・プログラムです。「若手作家の支援」「大原美術館の礎を築いた洋画家児島虎次郎の旧アトリエ:無為村荘の活用」「倉敷からの発信」の3点をコンセプトとして、倉敷での滞在制作と、当館での完成作品の公開を行います。

【招聘期間】2019年4月1日~2020年3月31日の間の最長3ヶ月

【応募締切】2018年10月29日(月)午前0時から11月6日(火)午後1時の間 *e-mailで発信

【WEB】http://www.ohara.or.jp/201001/jp/D/arko_p_19.html
締め切られました
, 2018年 ソーシャリー・エンゲイジド・アート支援助成 募集

2018年 ソーシャリー・エンゲイジド・アート支援助成 募集


【内容】「ソーシャリー・エンゲイジド・アート支援助成」は、コミュニティや社会にコミットし、地域社会や住民とともに制作や活動を実施し、より良い社会モデルの提示や構築を目指す日本国内で実施されるソーシャリー・エンゲイジド・アートプロジェクトに対して助成します。これにより芸術文化と社会との関係性をさらに深化させ、日本における文化の発展向上に寄与することを目的とします。

【助成額】上限500万円

【助成期間】2019年4月1日〜2020年3月31日

【締切】2018年10月21日(日) 18時まで(※日本時間)

【WEB】http://www.kacf.jp/guideline.html
締め切られました
, チェルシー国際写真公募

チェルシー国際写真公募


【内容】著名な審査員の方々による審査を通し、当コンペティションは、全てのフォトグラファー様たちにご自身の作品をニューヨークのアートマーケットで発表する機会をお届けします。コンペティションは、国内国外を問わない、全ての経歴と経験レベルを保持しているフォトグラファーが参加可能です。参加者は18歳以上を対象としています。

【対象分野】地域文化から旅行写真まで、または商業用写真からジャーナリズム写真まで、どの様なイメージも受け付けています。あなたがアップロードする作品は、きわどい性描写や暴力や人種差別を含まないものとします。

【応募締切】2018年10月9日(火)

【WEB】https://www.agora-gallery.com/competition/photography/japanese
締め切られました
助成: