公募・助成・レジデンス(終了分)

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報を掲載しています。
 
2014年7月以前終了の公募情報はこちらからご覧ください ▶

, TESSELLATE Summer Residency(ミシガン/アメリカ)

TESSELLATE Summer Residency(ミシガン/アメリカ)


2017年春にオープンするアーティストランスペースのレジデンス公募。無料で1ヶ月、アートやデザイン、建築等で個人や団体等の滞在希望者を募集。ワークショップや機材、廃材等を提供。また別途道具や素材等が必要な場合は手伝い有り。400sf(約23帖)の広さのスタジオ、ガレージに展示スペースを活用可能。滞在場所は個室が用意(ただし共有空間はクランブルック教育コミュニティーからのアーティストとシェア)。
〈滞在期間〉以下から選択
Session 1: 5/1〜30/Session 2: 6/1〜30/Session 3: 7/1〜30/Session 4: 8/1〜30
〈応募締切〉2017年3月10日(受入決定者には4/1にお知らせ)
〈web〉https://www.tessellategallery.com/residency/
締め切られました
, HOSPITALE institution リサーチプログラム応募者募集!(鳥取)

HOSPITALE institution リサーチプログラム応募者募集!(鳥取)


HOSPITALEでは、リサーチに特化した公募型のレジデンスプログラムを開始します。アーティストの独自の視点やジャンルを横断していく想像力から生まれるもの、出来事に期待しながら、その実験をサポートするプログラムです。
〈応募締切〉2017年2月26日(日)
〈応募条件〉実施期間:2017年3月
・芸術のジャンルに制限はありません。
・個人、グループいずれの応募も可能です。 (個人、グループでも制作費は一律です)
・日本語または英語が理解できること。(国籍不問)(ほか要web確認)
〈支援内容〉居住地と鳥取駅間の往復旅費(上限:5万円)/宿泊場所の提供(場所:鳥取市瓦町527 ことめや)※但し、上限30日間/スタジオの提供(場所:鳥取市栄町403 旧横田医院内)※制作媒体によって相談に応じます。/制作費:10万円/個人・グループ
・人数:若干名 ※保険の用意はありませんので各自ご加入ください。
〈web〉http://hospitale-tottori.org/program/institution/
締め切られました
, FLOTILLA/The Association of Artist-Run Centres from the Atlantic (AARCA)公募(シャーロットタウン/カナダ)

FLOTILLA/The Association of Artist-Run Centres from the Atlantic (AARCA)公募(シャーロットタウン/カナダ)


アーティストが運営する2017年9月21日〜24日に開催するビエンナーレの企画をアーティストやキュレーター、またワークショップやインスタレーション等を開催する共催団体を募集します。
会場であるFlotillaでの展示のためのアーティストフィーは主催のAARCAが支払います。応募資料は英語もしくはフランス語で要作成。
〈応募締切〉2017年3月7日
〈web〉http://flotillaatlantic.com/
締め切られました
, apexart フランチャイズ・エキシビション・プログラム公募

apexart フランチャイズ・エキシビション・プログラム公募


apexart主催のこの公募はニューヨーク以外の世界中のどこかで行うグループ展のアイディアを募集。応募資格はキュレーター、アーティスト、批評家、ほかバックグラウンドも場所も経験値も問いません。500単語のみのテキストを所定のサイトから応募してください(プロフィールやwebサイト、他人の言葉や写真は受け付けません)。国際的な200人の多種多様な審査員がクラウド上で審査します。選ばれた企画の実現のために、apexartからは展覧会制作費として6000ドル支給。また、論文執筆や展覧会運営費として2000ドルの謝礼を用意。
〈応募締切〉2017年2月28日(NY時間)
〈WEB〉https://apexart.org/franchise.php
締め切られました
, 第5回Art in the office CCC AWARDS立体アート作品募集

第5回Art in the office CCC AWARDS立体アート作品募集


新進気鋭のアーティスト、クリエイターから立体アート作品案を募集し、入選者の作品をCCCの本社オフィス(コミュニティのフロア)に1年間展示する公募プログラムです。受賞者には、賞金を授与するほか、制作費を支給します。様々な分野の方からの幅広い企画をお待ちしております。審査員には、北川フラム氏をはじめ、各界から審査員を迎えます。CCCのオフィスを1年間彩る、斬新かつ実験的な作品の提案をお待ちしています!
〈応募締め切り〉2017年3月17日(金)必着 ※持ち込み不可
〈WEB〉http://www.ccc.co.jp/art/
締め切られました
, Nida Art Colony of Vilnius Academy of Arts (NAC)レジデンスプログラム(ヴィリニュス/リトアニア)

Nida Art Colony of Vilnius Academy of Arts (NAC)レジデンスプログラム(ヴィリニュス/リトアニア)


経験ある若手アーティスト、デザイナー建築家、キュレーターや研究者等を対象にしたレジデンスプログラム。バルト三国の中で最も大きな施設。クルシュ砂洲国立公園の中で滞在や制作が可能。
〈期間〉2017年8月から2018年7月まで(1ヶ月から4ヶ月まで選択可能/2ヶ月間を推奨)
〈費用〉400ユーロ/月(スタジオ、滞在スペース、光熱費、wifi、自転車等の使用料含む)
助成金は昨今は提供していないが、応募者が滞在のための資金集めのためのレター等を記載することは可能。
〈締切〉2017年3月15日
〈web〉http://nidacolony.lt/en/residence/actual-call
締め切られました
, 黄金町バザール2017 作品プラン募集

黄金町バザール2017 作品プラン募集


今年で10回目を迎える「黄金町バザール2017」は、これまでの歩みを踏まえるとともに、アジアの多文化性と地域コミュニティの関係性をテーマに開催します。
〈企画コンセプト〉Double Façade 他者と出会うための複数の方法
〈会期〉[vol.1]2017年8月4日 (金) 〜 9月13日 (水)/[vol.2]2017年9月15日 (金) 〜 11月5日 (日)
〈選考委員〉山野真悟(黄金町バザール ディレクター)/窪田研二(黄金町バザール2017 ゲストキュレーター)/黄金町バザール2017キュラトリアルチーム(佐脇三乃里、李智希、水谷朋代)
〈応募書類受付期間〉2017年3月5日 (日) 必着
〈web〉http://www.koganecho.net/koganecho-bazaar-2017/j20170201.html
締め切られました
, DLECTRICITY 参加作品公募(デトロイト/アメリカ)

DLECTRICITY 参加作品公募(デトロイト/アメリカ)


DLECTRICITYは世界中の若手を含むアーティストによるサイトスペシフィックなインスタレーションによるアートと光のフェスティバル。そこで屋外に活気を与える25のプロジェクトを募集。光の作品や、プロジェクションマッピング、パフィーマンス、ワークショップやレクチャー、キッズプログラムなど。
≪助成額≫制作費:上限3000ドル、謝礼1000ドル
≪締切≫2017年2月28日(火)
≪開催日≫2017年9月22日 - 23日
≪web≫http://dlectricity.com/
締め切られました
, スパイラル / アートフェスティバルSICF18出展者募集

スパイラル / アートフェスティバルSICF18出展者募集


SICF(スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)は、東京・青山にある複合文化施設、スパイラルが若手作家の発掘・育成・支援を目的として2000年から開催している公募展形式のアートフェスティバル。
≪受付期間≫2017年2月20日(月)まで ※日本時間 20:00 に締切
≪応募資格≫(1)国籍、年齢、作品ジャンル不問。ただし、期間中、会場に常駐できること。
(2)個人もしくはグループ
≪期間≫A 2017年5月2日(火) ‒ 3日(水・祝) 11:00 ‒ 19:00
B 2017年5月4日(木・祝) ‒ 5日(金・祝) 11:00 ‒ 19:00
C 2017年5月6日(土) ‒ 7日(日) 11:00 ‒ 19:00
※全日程ともに50組2日間ずつ
≪費用≫出展料/2日間 ¥43,000(税込)
≪応募締切≫2016年11月15日(アプリケーションなどの書類を郵送、11月15日までの消印)
≪顕彰≫グランプリ:スパイラルでの個展開催(制作費50万円補助)、スパイラル広報紙での紹介、SICF18受賞者展への出展
≪web≫ http://www.sicf.jp/
締め切られました
, Vermont Studio Centerフェローシップ公募(バーモント/アメリカ)

Vermont Studio Centerフェローシップ公募(バーモント/アメリカ)


バーモント・スタジオ・センターは1984年にアーティストによって立ち上げられたスタジオ。現在はアメリカで最も大きいレジデンスプログラムとして有名。毎年3回のフェローシップ公募を行います(2月、6月、10月)。今回は27のアーティストや執筆者を世界中から募集。
≪支援内容等≫滞在用個室、スタジオスペース、全ての食事、スタジオが開催するイベントへの参加
≪応募費≫25USドル
≪参加費≫無料(フェローシップではない場合、$3,950/4週間または$2,050/2週間)
≪締切≫2017年2月15日(水)
≪web≫http://vermontstudiocenter.org/fellowships
締め切られました