公募・助成・レジデンス – 国内

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報を掲載していきます。
詳細は各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。
▶ 一覧に戻る

, スプラッシュ!水戸/AIR(アーティスト・イン・レジデンス)

スプラッシュ!水戸/AIR(アーティスト・イン・レジデンス)


【内容】
スプラッシュ!水戸/AIR(アーティスト・イン・レジデンス)は、先駆的な表現に大胆に挑戦するアーティストが水戸に滞在し、異なる文化や環境に触れながら、創作や交流を行うプログラムです。スプラッシュ!水戸/AIRは、市街地に住み、作品を制作するアーティストと、市民のクリエイティブな関係(生態系)を生み出していきます。それによって将来的に水戸でしかできない<アートスクール><国際芸術祭><クリエイティブ産業>につなげていくことを目指しています。

【対象分野】

・現在活動しているアーティストであり、今後も活動する予定のアーティスト
・滞在制作期間中、3分の2以上水戸に滞在できる方
・日本在住、日本語でコミュニケーションができること
※表現ジャンル、年齢、国籍は問いません

【応募締切】2023年3月15日(水) ※24時(必着)

【WEB】https://splash-mito.com/
締切まで あと約 38 日
, 清島アパート 2023年度利用者募集

清島アパート 2023年度利用者募集


【内容】
NPO法人 BEPPU PROJECTでは、アーティスト・クリエイターの居住・制作の場として活用している『清島アパート』の2023年度利用者募集をおこないます。
利用期間は1年間で、アトリエ兼プレゼンテーションルームと、プライベートスペースの2室をご利用いただけます。
清島アパートは、別府現代芸術フェスティバル2009『混浴温泉世界』のプログラムの1つ『わくわく混浴アパートメント』の会場となったことにはじまり、会期終了後もNPO法人 BEPPU PROJECTがアーティストの活動支援の一環として運営維持しています。月額10,000円/2室で、1階は作品制作や発表の場に、2階は居住の場としてご利用いただけます。
多数のアーティストやクリエイターの方々からのご応募お待ちしております。

【応募締切】2023年2月17日(金)

【WEB】https://www.beppuproject.com/news/3898
締切まで あと約 12 日
, 新潟市芸術創造村・国際青少年センター「ゆいぽーと」招聘プログラム2023秋季

新潟市芸術創造村・国際青少年センター「ゆいぽーと」招聘プログラム2023秋季


【内容】
ゆいぽーとは中学校を改修した施設で、文化芸術活動と青少年体験活動の2つの機能を併せ持つ複合施設です。滞在する芸術家等は制作過程を公開すると共に、ワークショップやリサーチなどを通し、市民や青少年との交流で関係を育み、多様な創作展開に繋げることができます。

【対象分野】
公募数 2組
滞在期間 2023年9月1日(金)から2023年11月30日(木)までの間の90日以内

・現在活動している芸術家等であること(ジャンルは問わない)
・指定管理者と協力して行う市民交流事業に1回以上参加できること
・ゆいぽーとを使用して、滞在、創作活動を行うこと
・日本語または英語で意思の疎通ができること
・健康状態が良好であること
・新型コロナウイルス感染症拡大防止に配慮して移動・活動ができ、PCR検査(自己負担)に協力できること

【応募締切】2023年2月17日(金) 日本時間23時59分【必着】

【WEB】https://www.yui-port.com/activities-offering.php#spring-season
締切まで あと約 12 日
, 新潟市芸術創造村・国際青少年センター「ゆいぽーと」自主活動プログラム2023夏季

新潟市芸術創造村・国際青少年センター「ゆいぽーと」自主活動プログラム2023夏季


【内容】
ゆいぽーとは中学校を改修した施設で、文化芸術活動と青少年体験活動の2つの機能を併せ持つ複合施設です。滞在する芸術家等は制作過程を公開すると共に、ワークショップやリサーチなどを通し、市民や青少年との交流で関係を育み、多様な創作展開に繋げることができます。

【対象分野】

公募数 2組
滞在期間 2023年7月7日(金)から2023年8月21日(月)までの間の30日以内

・現在活動している芸術家等であること(ジャンルは問わない)
・指定管理者と協力して行う市民交流事業に1回以上参加できること
・ゆいぽーとを使用して、滞在、創作活動を行うこと
・日本語または英語で意思の疎通ができること
・健康状態が良好であること
・新型コロナウイルス感染症拡大防止に配慮して移動・活動ができ、PCR検査(自己負担)に協力できること

【応募締切】2023年2月17日(金)日本時間23時59分【必着】

【WEB】https://www.yui-port.com/activities-offering.php
締切まで あと約 12 日
, 公益財団法人現代芸術振興財団 CAFAA賞2023

公益財団法人現代芸術振興財団 CAFAA賞2023


【内容】
CAFAA賞は(CAF・アーティスト・アワード)は、現代芸術にかかわるアーティストを対象としたアートアワードで、次なる世代の柱となるアーティストを選抜し国際的に活躍するきっかけを提供することを目的に2015年より実施しています。審査によって選ばれたグランプリ受賞者には、賞金300万円に加え、アメリカNYのブルックリンにあるJ-Collaboとの提携によりNYのアートシーンを牽引する活気にあふれたブルックリンで3ヶ月にわたる滞在制作の機会が与えられます。

【応募条件】
・大学・大学院などの教育期間を卒業後、5〜10年程度のもの
・日本国籍を所有するもの、あるいは日本在住のもの
・作品ジャンル不問
・ユニットやコレクティブなど複数名での応募も可(ただし、全員が応募条件を満たしていること)
・受賞時にプロフィールや氏名、肖像画像の発表が可能であるもの
・2023年4-5月に行われる審査に参加できること
・著作権の扱いは全て作者本人に帰属

【応募締切】2023年3月31日(金)18:00

【WEB】https://gendai-art.org/cafaa4/
締切まで あと約 54 日
, SICF24(第24回 スパイラル・インディペンデント・クリエイターズ・フェスティバル)

SICF24(第24回 スパイラル・インディペンデント・クリエイターズ・フェスティバル)


【内容】
SICF(スパイラル・インディペンデント・クリエイターズ・フェスティバル)は、東京・南青山にある複合文化施設「スパイラル」が若手作家の発掘・育成・支援を目的として2000年から開催しているアートフェスティバルです。公募によって選出された、さまざまなジャンルのクリエイターが一堂に会し、作品展示やプレゼンテーションを行ないます。会期中はギャラリストやキュレーター、コレクター、バイヤー、メディアなどクリエイティブ関係者が訪れ、これまでに数多くの新しい才能が来場者との出会いを通し活躍の場を広げてきました。会期の最後には、来場者の投票によって決まるオーディエンス賞やもっとも作品を売り上げたクリエイターに贈られるベストセールス賞をはじめ、各審査員賞、準グランプリ、グランプリを優秀作品に授与、作品発表の機会を提供します。既存の価値観にとらわれない意欲溢れるクリエイターを募集します。

【カテゴリ】
EXHIBITION:絵画、立体・インスタレーション、イラストレーション、グラフィックデザイン、写真、映画、メディアアート、エンジニアリング、パフォーマンスやそれら既存のジャンルにとらわれない作品を幅1,650mm×奥行き1,650mm×高さ2,400mmのブースにて3日間展示。自由に表現していただきます。

MARKET:暮らす、食べる、装うといった日々の生活そのものを、よりアーティスティックに演出するための工芸/クラフト、プロダクト、フードなどの作品を、指定の展示台と幅1,500 mm×高さ2,400 mm の壁面を組み合わせて、3日間展示・販売していただきます。

【応募締切】2023年2月9日(木) 日本時間20:00

【WEB】https://www.sicf.jp/entry/
締切まで あと約 4 日
, すごす/センター/家/AIR アーティスト・イン・レジデンス募集

すごす/センター/家/AIR アーティスト・イン・レジデンス募集


【内容】「すごす/センター/家/AIR(略称:すごセン)」は、「家と公共が混じりあいながら、だんだん福祉になるかもしれない文化施設」をコンセプトに、2020年9月京都市南区にてスタートし、芸術と福祉が対等に交わる場を目指しています。 このスペースでは、AIRを通じてアーティストをケアします。そのAIRをともに支えるのは障害の有無を問わずさまざまな人です。ここでは、大掛かりなものを作ることは困難ですが、適宜他機関と連携し、つくること、つくらないことを支援します。すごすことは、つくること。つくらないこととつくることを等価にするという理念があります。まだまだ道半ばですが、その時間に触れてみてもらえたらうれしく思います。

【応募締切】随時募集

【WEB】https://www.seijitakahashi.net/recreation/sugosu-center-ie-air
締切まで あと約 207 日
, 清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2020 作品募集

清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2020 作品募集


【公募テーマ】「記憶(きおく)のゆくえ」

【内容】

古来、豊かな自然に恵まれ、森林を源とする「清流」が県内をあまねく流れる岐阜県。 里や街を潤すこの「清流」は、東濃の陶磁器、飛騨の木工芸、美濃和紙、関の刃物な ど匠の技を磨き、千有余年の歴史を誇る鵜飼などの伝統文化を育むとともに、新たな 創造の源となっています。
2017年4月、岐阜県では、想像力溢れる新たな才能の発掘と育成を目的に、企画公 募展「清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2017」を開催したところ、海外 を含め 790件もの応募をいただきました。15 組の入選者の皆さんは、この「AAIC2017」 をきっかけに、大きく羽ばたかれています。
「AAIC2017」から 3年、2020年4月、本県では再び 4.8m(幅)×4.8m(奥行)×3.6m(高さ) のキューブを無限の小宇宙に見立て、自由に表現していただく「AAIC2020」を開催します。

【応募締切】2019年5月13日(月)17:00必着

【WEB】https://art-award-gifu.jp
締め切られました
, 六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019


【内容】阪神電気鉄道株式会社とそのグループ会社である六甲山観光株式会社は、現代アートの展覧会「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」を2019年9月13日から11月24日まで開催します。
六甲ミーツ・アート 芸術散歩は、神戸・六甲山の土地柄や景観を活かした展覧会です。現代アート作品を通じ、自然や眺望、文化や歴史といった、六甲山本来の魅力を五感で感じてもらい、これを機に新たな六甲山ファンを増やし、山上の活性化につなげていきたいという思いのもと、2010年秋から毎年開催しています。10回目となる2019年は、招待、公募をあわせ40組を超えるアーティストが、10会場を舞台に六甲山ならではの作品を制作・展示する予定です。
開催に伴い、公募部門の作品を募集します。六甲山の景観や会場となる施設の特性を活かし、六甲山エリアの魅力を一段と引き出せる作品プランをご応募ください。
【締切】2019年5月7日(火) 作品提出・応募締切、消印有効
【web】https://www.rokkosan.com/art2019/
締め切られました
, 国際芸術センター青森(ACAC)  アーティスト・イン・レジデンスプログラム 2015/Autumn「航行と軌跡」


国際芸術センター青森(ACAC) アーティスト・イン・レジデンスプログラム 2015/Autumn「航行と軌跡」



国際芸術センター青森(ACAC)では、さまざまな芸術の分野で活躍するアーティストを招聘し、期間中の滞在創作を支援し、展覧会を開催するとともに、協働制作、オープンスタジオ、ワークショップ、レクチャーなどの交流プログラムを開催することにより鑑賞者に多様な芸術体験の場を提供することを目的としています。滞在期間は2015年9月〜12月の約3ヶ月間。滞在期間中、アーティストとアーティスト、アーティストと地域住民や学生との出会いとその相 互作用により、新たな創作の場が生成されることが期待されます。宿泊場所、スタジオの提供。制作費用の補助およびアーティストフィーが支給されます。2015年のプログラムのテーマは「航行と軌跡」
です。

【応募対象】現在活動しているアーティスト(ジャンルは問わない)55日以上滞在可能なこと。
公募人数4人
【応募締切】2015年5月21日(必着)
【WEB】http://www.acac-aomori.jp/public/
締め切られました
助成: