協力イベント「姉小路風呂敷を作ろう!」

HAPSが協力をしているイベントのお知らせです。
「まちなかを歩く日 2013」にあわせた「姉小路界隈を考える会」主催のイベントの中で、安藤隆一郎さんと芳木麻里絵さんによるワークショップが行われます。

◆ APP WORKSHOP「姉小路風呂敷を作ろう!」
本ワークショップでは、40メートルの布を使用した風呂敷を作ります。姉小路のイメージをプリントした一本の布を通りに広げ、参加者にはシルクスクリーン技法でプリントをしていただきます。完成後、40Mの布は40枚の「姉小路風呂敷」となり、参加者のもとへお届けします。

概要

時間:2013年11月16日(土)14:30-/15:30-(全2回)
場所:姉小路通イベント開催場所(柳馬通〜富小路通間)
主催:姉小路界隈を考える会
定員:40名【予約不要】
講師:安藤 隆一郎、芳木 麻里絵
詳細:http://appartsstudio.tumblr.com

講師プロフィール

安藤 隆一郎(染色作家)
2009年京都市立芸術大学大学院工芸科染織専攻修了
現在、同大学染織専攻非常勤嘱託
蝋染めによる作品制作を主とした活動を行い、染色表現の可能性を探る。

芳木 麻里絵(美術作家)
2008年京都市立芸術大学大学院美術科版画専攻修了
現在、京都精華大学メディア造形学科版画コース嘱託助手
主にシルクスクリーン技法を用いて制作発表を行う。