連続講座「文化芸術による共生社会実現のためのアーツマネジメント入門」開催のお知らせ

HAPS は、京都市より 2017 年度「文化芸術で人が輝く社会づくりモデル事業」、2018 年度は「文化芸術による共生社会実現のための基盤づくり事業」を受託し、実施いたしました。これは、文化芸術の力を活用して、多様な背景を持つ人々が、共に生きることのできる社会のあり方を探り、その仕組みづくりを目指すものです。昨年度の事業で行った、京都市内外での先行事例の調査や、相談窓口やコーディネーター育成の手法の検討、入門講座、モデル事業としてのアートプロジェクトの企画・実施を経て、今年度はそれらの成果を引き継ぎ、さらに大きく事業を展開いたします。その一環として、「文化芸術による共生社会実現のためのアーツマネジメント入門」と題した、全7回の連続講座を開催いたします。皆様のご参加をお待ちしています。

※アーツマネジメントとは美術館、劇場、コンサートホールなどの文化施設を拠点として、アート(アーティスト)と社会を効果的につないでいく営為のことです。本講座では、高齢者施設をはじめとする福祉施設、病院、被災地、格差地域などといった、これまでアートとは疎遠と思われてきた場所でのアーツマネジメントに焦点をあてて紹介します。

講座概要

※すべて参加費無料、要申込。

1 第1回講座:「眼差しのパイオニアをつくる基礎と未来」※終了しました

詳細

日時:2019年7月17日(水)19:00~21:00
会場:キャンパスプラザ京都 4階第4講義室 
定員:90名 
講師:奥山理子

「多様性」「社会包摂」「共生社会」をテーマとする取り組みをきっかけに、アートが、具体的な現場をとおして社会課題と向き合う機会が増えてきました。
困難な状況に対する行き詰まりや、漠然と覆う生き辛さといった感覚は、私たちに様々なかたちで影響を及ぼします。私は、そうした状況を個人や特定の領域だけで抱えずに、異なる多様な眼差しを柔軟に注ぐことが重要だと考えます。その複数の眼差しによって状況がより立体的に立ち現れることに、アートの可能性を見出し、アートプロジェクトと総称される実践を福祉現場で重ねてきました。
本講座では、私が携わった事例から、思いがけない着眼点やプロセスを共有した多様な人たちの様子を丁寧に紹介し、連続講座の入口とします。(奥山理子)

予約フォームはこちら

2 第2回講座:概論+トーク「芸術実践と人権-マイノリティ、公平性、合意について」

詳細

日時:2019年7月27日(土)13:30~16:15
会場:京都精華大学 明窓館2階 201教室 
定員:500名 
講師:小泉明郎/遠藤水城/あかたちかこ/山田創平

・概論 13:30〜14:20 講師:山田創平
・トーク 14:30〜16:15 登壇:小泉明郎/遠藤水城/あかたちかこ/山田創平

予約フォームはこちら

3 第3回講座:講座+トーク「ローカリティと芸術実践 アーツ前橋『表現の生態系』展の事例より」

詳細

日時:2019年8月31日(土)13:30~16:00
会場:京都精華大学 明窓館2階 201 教室
定員:500名
講師:住友文彦/今井朋/石倉敏明/山田創平

・講座 13:30〜14:20 講師:住友文彦 テーマ:「キュラトリアル・アクティヴィズムは可能か」
・トーク 14:30~16:00 登壇:住友文彦/今井朋/石倉敏明/山田創平

予約フォームはこちら

 
 
第4回以降の講座は詳細が決定次第お知らせ致します。

【主催】東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)
【共同開講】京都精華大学 「LGBTQ をはじめとするマイノリティの社会包摂を視野に入れたアートマネジメント・プロフェッショナル育成プログラム」(第2、3回)

本事業は、京都市「文化芸術による共生社会実現に向けた基盤づくり事業」として実施しています。

 

講師プロフィール

プロフィールはこちら

●奥山理子(おくやま りこ)/みずのき美術館キュレーター
母の障害者支援施設みずのき施設長就任に伴い、12歳より休日をみずのきで過ごす。施設でのボランティア活動を経て、2012年みずのき美術館の立ち上げに携わり、以降企画運営を担う。アーツカウンシル東京「TURN」コーディネーター(2015-2018)、東京藝術大学特任研究員(2018)を経て、2019 年より、HAPSの「文化芸術による共生社会実現に向けた基盤づくり事業」に参画。
 

●小泉明郎(こいずみ めいろう) /美術家
ロンドンのチェルシー・カレッジで映像表現を学び、ニューヨーク近代美術館をはじめ、国内外の美術館等で展覧会に参加。2017年VACANT(東京) で開催された個展「帝国は今日も歌う」は社会と個人の心理に深く切り込む大胆な映像で大きな反響をよんだ。
 

●遠藤水城(えんどう みずき) /キュレーター
東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)エグゼクティブディレクター、Vincom Center for Contemporary Art[VCCA](ベトナム) 芸術監督。これまで企画した展覧会に「希望の原理」(国東半島芸術祭、2014)、「裏声で歌へ」(栃木県小山市立車屋美術館、2017) など。
 

●あかたちかこ/思春期アドバイザー、児童自立支援施設専門講師
専門は対人援助学と性教育。児童自立支援施設や大学、全国の中学校、高校で教えている。共著書に『たたかうLGBT&アート』『セックスワーク・スタディーズ』。Woman’s Diary元編集長。
 

●山田創平(やまだ そうへい)/社会学者、京都精華大学人文学部准教授
厚生労働省・外務省所管の研究機関などを経て現職。 編著書に『たたかうLGBT&アート』、共著書に『セックスワーク・スタディーズ』等。NPO法人アートNPOリンク理事、HAPS実行委員、企業メセナ協議会東日本大震災芸術・文化による復興支援ファンド選考委員。
 

●住友文彦(すみとも ふみひこ)/アーツ前橋館長、東京藝術大学大学院准教授
主な企画に「Possible Futures: アート&テクノロジー過去と未来」展 (ICC、2005)、「川俣正[通路]」(東京都現代美術館、2008)、ヨコハマ国際映像祭2009など。あいちトリエンナーレ2013、メディア・シティ・ソウル2010 (ソウル市美術館)共同キュレーター。
 

●今井朋(いまい とも)/アーツ前橋学芸員
主な企画に「ヒツクリコ ガツクリコ ことばの生まれる場所」(2017) など。「表現の森 協働としてのアート」展(2016) は、同展終了後も長期的なプログラムとして、アートが福祉や教育、医療の現場に入っていくことでどのような化学変化が起こりうるか考察する。
 

●石倉敏明(いしくら としあき)/人類学者、秋田公立美術大学准教授
1997年よりダージリン、シッキム、カトマンドゥ、東北日本各地で聖者(生き神) や山岳信仰、「山の神」神話調査をおこなう。環太平洋の比較神話学に基づき、神話集、論考等を発表。多摩美術大学芸術人類学研究所助手を経て、現職。共著に「野生めぐり」「人と動物の人類学」等。
 

お申込み・お問合せ

東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)

※各講座の申込みフォーム、Eメール、FAX、電話いずれかの方法によりお申込みください。
お申込みの際は、①受講希望の講座名/②氏名(ふりがな)/③電話番号/④メールアドレス/⑤年齢(~代)/⑥受講動機/⑦今後本事業関連の情報を希望するか をお伝えください。

Eメール:info@haps-kyoto.com/TEL:075-525-7525/FAX:075-525-7522

会場アクセス

アクセスはこちら

・キャンパスプラザ京都(京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939)
地下鉄烏丸線、近鉄京都線、JR各線「京都」駅下車徒歩5分


 

・京都精華大学(京都市左京区岩倉木野町137)
地下鉄「国際会館」駅よりスクールバスに乗車(所要時間約10分)
叡山電鉄「京都精華大前」駅下車


 




助成: