10月29日「空き家活用×まちづくり」モデル・プロジェクト 公開審査会


京都市が空き家の新しい活用方法の提案を募集し,提案を実現するために必要な費用の一部を助成する「空き家活用×まちづくり」モデル・プロジェクトに係る二次審査が、市民参加のうえ、公開で実施されます。
HAPSが物件マッチングしている、東山区本町の路地裏の長屋をコミュニティースペースと住居(アトリエ)に改修・運営する計画、「本町エスコーラ(仮)」も応募しています。

*京都市「空き家活用×まちづくり」モデル・プロジェクトとは、空き家をまちづくりの資源と捉えた空き家の新しい活用方法の提案を募集し、優れた提案を選定し、実現するために必要な費用の一部を助成する事業です。
本公開審査会では、提案団体がプレゼンテーションを行います。

開催概要

日時:2014年10月29日(水)18:30-20:30
会場:ひと・まち交流館 京都 2階 大会議室(京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1)
定員:120人
参加費:無料
詳細 http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000170295.html

申込み

2014年10月27日(月)までに京都いつでもコールへ電話,FAX又は電子メールでお申し込みください。(上記詳細ページURLをご参照ください)
また,お申し込みの際は,氏名(ふりがな),電話番号,同伴者数(申込者を除く人数)をお伝えください。
※当日受付で申込者は氏名,同伴者の方は申込者の氏名を申し出てください。

チラシダウンロード

公開審査会PDF