Archive for 2019

, 第2回尼崎市文化未来奨励賞

第2回尼崎市文化未来奨励賞


【内容】芸術性の高い優秀な作品などを創作し、全国規模の活動を展開しようとしている若手芸術家を選考し、顕彰するとともに、市内で発表する機会を持てるよう支援を行います。奨励賞受賞者には、奨励賞副賞10万円に加え、発表等奨励金として100万円を上限に支援します。

【対象分野】芸術文化に関わる活動を行い、次のすべての条件に該当する者

(1)  出身、在住、活動拠点いずれかが尼崎市もしくは尼崎市内での活動が顕著である
(2)  令和2年4月1日現在で40歳以下である
(3)  尼崎市の芸術文化の振興や発信に貢献する活動を行っている
(4)  文学、音楽、美術、写真、演劇、舞踊、メディア芸術、その他の芸術で活動している

【応募締切】2019年8月30日(金曜日)(当日消印有効)

【WEB】http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/manabu/art/1011784/1016825.html
締切まで あと約 39 日
, AGDER KUNSTSENTER レジデンス公募(クリスチャンサン/ノルウェー)

AGDER KUNSTSENTER レジデンス公募(クリスチャンサン/ノルウェー)


【内容】クリスチャンサン市は、市内に一定期間滞在し、制作をしたいと考えているプロの芸術家や職人に住居を提供しています。その目的は、クリスチャンサンの現代のビジュアルアーティストと他の国内外のアーティストとのコラボレーションとネットワーキングを強化し、促進し、発展させること、そしてクリスチャンサンのアートシーンを広げることです。ノルウェー人だけでなく、他国からも応募できます。滞在施設はAgder Kunstsenterの隣(Skippergata 22)にあります。滞在期間は2020年秋か2021年春に約3ヶ月間を上限に設定。スタジオと滞在費が無料。

【応募締切】2019年10月1日(火)

【WEB】http://www.agderkunst.no/artist-in-residence/
締切まで あと約 71 日
, 第14回 ARTE LAGUNA PRIZE 公募(イタリア)

第14回 ARTE LAGUNA PRIZE 公募(イタリア)


【内容】Arte Laguna srlは、MoCAと提携して、現代美術の普及促進を目的とした第14回 国際Arte Laguna賞を開催します。この賞は、外務省、文化財省、ヴェネト州、ヴェネツィア市等から支援を受け、イタリアの大統領からも勲章を得ています。受賞者は、賞金のほか、ヴェネツィアのアルセナーレ会場での主要な展覧会企画、国際的なアートギャラリーでの展示、企業とのコラボレーション、レジデンスプログラムへの参加、Webサイト artelaguna.worldへの参加、カタログの発行などを行います。募集ジャンルはペインティング、写真、立体、ビデオ、パフォーマンス等多岐にわたり、各部門の優勝者に7000ユーロを賞として支給。

【応募締切】2019年8月31日(土)

【WEB】https://www.artelagunaprize.com/preview-terms-and-conditions
締切まで あと約 40 日
, サンノゼ キルト&テキスタイル美術館 Maker Space Artist in Residence Program 2020(サンノゼ/USA)

サンノゼ キルト&テキスタイル美術館 Maker Space Artist in Residence Program 2020(サンノゼ/USA)


【内容】当美術館は、テキスタイルに重きを置き制作するアーティストのためのレジデンスプログラムを実施しています。アーティストは、美術館の訪問者と交流する機会があり、新しいファンを獲得できるかもしれません。Maker Space Studioは、一部がプライベートなレジデンスプログラムで、アーティストと地域の方との間で会話し、創造性のためのインキュベーターとなります。滞在は3ヶ月間。現地で宿泊できる場所や交通手段等は各自用意。

【応募締切】2019年8月30日(金)

【WEB】https://www.sjquiltmuseum.org/artist-residency
締切まで あと約 39 日
, Creative Knowledge Project レジデンスプロジェクト 公募(ロンドン/UK)

Creative Knowledge Project レジデンスプロジェクト 公募(ロンドン/UK)


【内容】Creative Knowledge Projectは、新しいLakeside Centerを拠点に、12か月間アーティストが滞在するプロジェクトです。本年の長期滞在プログラム(宿泊施設とスタジオスペース)は、アーティストが1960年代を象徴するブルータリズムの水辺の建築で、生活し制作するためのエキサイティングな機会です。これはBexleyのLondon Boroughへの助成金を通してArts Council Englandから支援していただいています。

本プロジェクトは、21世紀に図書館が何をすることができるか、という課題に取り組みます。過去に図書館がこれまでに多くの人々に与えた影響と、図書館が今日直面している課題を探ります。
滞在やスタジオ利用料は無料。アーティストフィーとして10000ポンド、6000ポンドの制作費等が用意される。

【応募締切】2019年8月27日(火)10:00

【WEB】https://bowarts.org/whats-on/exhibitions-and-events/the-creative-knowledge-project-artist-in-residence
締切まで あと約 35 日
, 広島市現代美術館「ゲンビどこでも企画公募2019」

広島市現代美術館「ゲンビどこでも企画公募2019」


【内容】美術館の無料パブリックスペース(アプローチプラザ、エントランスホール、回廊、ホワイエ、ミュージアムスタジオ、階段まわり等)を活用した作品プランを募集します。空間の特徴をいかす、視点の独自性、作品の独創性を重視して審査します。開催期間を通して展示可能な作品であること(パフォーマンスや演奏の場合は1日でも可)。実現可能である作品であれば、作品のジャンルは問いません。

【特別審査員】池水慶一(現代美術作家)、木村絵理子(横浜美術館主任学芸員・ヨコハマトリエンナーレ2020企画統括)、森本アリ(音楽家・旧グッゲンハイム邸運営・シオヤプロジェクト主宰)

【応募締切】2019年8月23日(金)

【WEB】https://www.hiroshima-moca.jp/dokodemo/?fbclid=IwAR2b0daX49NjZ9tPdO9vpsbh-PaMBZ4zI6fQGx2nbVf0YzppTR9qHtq-NnM
締切まで あと約 32 日
, 京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター 2020年度共同研究(劇場実験型・リサーチ支援型)公募事業の募集

京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター 2020年度共同研究(劇場実験型・リサーチ支援型)公募事業の募集


【内容】〈舞台芸術作品の創造・受容のための領域横断的・実践的研究拠点〉では、本拠点の研究理念である「ラボラトリー機能」に係る研究プロジェクトとして、2種類の研究事業を公募いたします。

【応募締切】2019年8月20日(火)23:59、2019年12月10日(火)23:59

【WEB】http://www.k-pac.org/kyoten/public/
締切まで あと約 141 日
, 文化庁 令和2年度新進芸術家海外研修制度(長期研修)の募集

文化庁 令和2年度新進芸術家海外研修制度(長期研修)の募集


【内容】本制度は,若手芸術家等が海外の芸術団体,劇場等で実践的な研修等に従事する機会を提供することにより,我が国の将来の文化芸術振興を担う人材を育成することを目的とするものであり,研修等を行う際の渡航費・滞在費を支援します。研修の開始日は原則として,令和2年9月1日から令和3年3月31日の間に日本を出発する日とし,終了日は日本到着日となります。

【対象分野】美術,音楽,舞踊,演劇,舞台美術等,映画,メディア芸術

【応募締切】2019年8月2日(金)(消印有効)

【WEB】http://www.bunka.go.jp/shinsei_boshu/kobo/1417753.html
締切まで あと約 11 日
, AAF戯曲賞/愛知県芸術劇場募集

AAF戯曲賞/愛知県芸術劇場募集


【内容】“戯曲とは、何か?”というテーマを掲げて5年目になりました。このテーマは、「今日私たちが過去の遠い地の戯曲を上演するように今生み出されている戯曲を何十年後・何百年後に届けるために何ができるか」という挑戦です。そのため、上演に関わる代表として演出で活躍されている方に審査を依頼し、全て読んで議論し、選考しています。毎回応募される作品の豊かさや選考過程での議論の深さに、戯曲の言葉が人を動かす力を持っていることを実感します。劇場の戯曲賞として、様々な人や言葉が出会い新たな可能性を生み出す場でありたい、より多くの声を、言葉を受け止めたい、という考えのもと、審査・上演を通して様々な人に関わっていただきながら考え続けています。今年も、いつかまだ見ぬ誰かに「上演したい」と思わせる戯曲を待っています。

【審査員】白神ももこ(演出家・振付家・ダンサー、モモンガ・コンプレックス主宰)、鳴海康平(演出家・「第七劇場」代表)、三浦基(演出家・「地点」代表)、やなぎみわ(舞台演出家・美術作家)

【応募締切】2019年7月31日(水)

【WEB】https://www-stage.aac.pref.aichi.jp/event/detail/000246.html
締切まで あと約 9 日
, 令和元年度新進芸術家海外研修制度(短期研修・後期)の募集

令和元年度新進芸術家海外研修制度(短期研修・後期)の募集


【内容】本制度は,若手芸術家等が海外の芸術団体,劇場等で実践的な研修等に従事する機会を提供することにより,我が国の将来の文化芸術振興を担う人材を育成することを目的とするものであり,研修等を行う際の渡航費・滞在費を支援します。新進芸術家等が行う(1)目的・内容が具体的かつ明確な研修,(2)明確なテーマと内容を持った調査研究,(3)招へいを受けて行う国際芸術祭における作品制作,実演,展示(以下,「研修等」という。)のいずれかを対象とします。研修等の内容は,具体的かつ明確なものである必要があります。

【対象分野】美術,音楽,舞踊,演劇,舞台美術等,映画,メディア芸術

【応募締切】2019年7月19日(金)

【WEB】http://www.bunka.go.jp/shinsei_boshu/kobo/1417746.html
締め切られました
助成: