Archive for 2017

, トーク「Beyond Conceptual / Curatorial」

トーク「Beyond Conceptual / Curatorial」

通常、アーティストとキュレーターは、全く違う役割と職能だと考えられています。 近年、「アーティストがキュレーションを行う」展覧会が増えていますが、そのような場合においても、それらがそのように語られるということは、そもそも...

Read More
, 【協力展覧会】「クロニクル、クロニクル!」

【協力展覧会】「クロニクル、クロニクル!」

HAPSで協力している展覧会のお知らせです。 「クロニクル、クロニクル!」の2回目の会期となる展覧会が、2017年1月23日(月)より、CCOクリエイティブセンター大阪にて開催されます。 「クロニクル、クロニクル!」 出...

Read More
, 【協力展覧会】「Malformed Objects − 無数の異なる身体のためのブリコラージュ」

【協力展覧会】「Malformed Objects − 無数の異なる身体のためのブリコラージュ」

HAPSで協力している展覧会のお知らせです。 HAPSスタジオを使用しているアーティスト、池田剛介が参加する展覧会「Malformed Objects − 無数の異なる身体のためのブリコラージュ」が、2017年1月21日...

Read More
, 【協力展覧会】トーチカ個展「TOCHKA Playground!」

【協力展覧会】トーチカ個展「TOCHKA Playground!」

HAPSで協力している展覧会のお知らせです。 HAPSスタジオを使用しているアーティストユニット、トーチカの個展「TOCHKA Playground!」がまなびあテラス 市民ギャラリー(山形県東根市)にて2017年1月2...

Read More
, Brashnar Creative Project:Brashnar Artist-in-Residence [レジデンスプログラム](スコピエ/マケドニア共和国)

Brashnar Creative Project:Brashnar Artist-in-Residence [レジデンスプログラム](スコピエ/マケドニア共和国)


Brashnar Artist-in-Residence(BAiR)は、アーティストが所有・運営している都市型芸術レジデンスプログラム。現代アーティストが自立したライフスタイルを実践しながら、文化交流、地域交流、共同研究、実験のための環境を作り育てる場を提供している。革新的かつ伝統的なアート製作や、コラボレーション、アーティスト主導のプロジェクト、社会に関わる作品制作を行うアーティストを奨励。自主制作ベースの滞在で、滞在期間中作品を完了する義務はないが、毎月末に開催されるオープンスタジオイベントに参加することが期待される。4~8週間の期間中、一度に最大5名のアーティストが滞在でき、2~3名のスタッフアーティストが在住している。スタジオイベントやコミュニティの集まり、ワークショップなどもあり。英語力は必須。
≪対象≫新興および中堅のアーティストで大学の学部課程卒業者、分野はヴィジュアルアーティスト(絵画、ミックスメディア、メディア、デジタル写真、彫刻/インスタレーション、パフォーマンス、ビデオアートなど)、作家、社会研究者、文化研究者、
≪期間≫4~8週間(2017年夏)
≪費用≫270ユーロ/月
≪支援内容等≫宿泊施設、スタジオ、最寄りの空港/バスターミナルから滞在地までの送迎、日帰り旅行費
≪応募締切≫2017年3月10日
≪web≫http://www.brashnarcreativeproject.org
締切まで あと約 49 日
, Ramdom:Default17: Extreme Land [研究レジデンスプログラム](ガリアーノ・デル・カーポ/イタリア)

Ramdom:Default17: Extreme Land [研究レジデンスプログラム](ガリアーノ・デル・カーポ/イタリア)


RAMDOMは、極端な土地や遠隔地に関連したグループ調査に参加するリサーチベースのアーティストを募集。滞在場所は地中海東部の南端にあり、極端な土地の調査に理想的な場所。人間と自然の風景の多様な解釈を探る手段として、特に気候や環境条件に関連する課題を調査することができる。滞在期間中、ワークショップやセミナーセッションで研究アプローチを開発し、プログラムキュレーター、外部のゲスト、講師のサポートを得て、ネットワークとノウハウを広げることができる。宿泊施設と一部食費の提供あり。
≪対象≫21歳以上のすべての分野のアーティスト、美術教育、コラボレーション、研究
≪期間≫1週間(2017年6月19日~25日)
≪費用≫出願料15ユーロ
≪支援内容等≫宿泊施設と一部食費
≪応募締切≫2017年2月26日
≪web≫http://www.ramdom.net/en/2016/11/default17-la-call-online/
締切まで あと約 37 日
, Art City Inc:2017/18 Professional Guest Artist Series [レジデンスプログラム](マニトバ州ウィニペグ/カナダ)

Art City Inc:2017/18 Professional Guest Artist Series [レジデンスプログラム](マニトバ州ウィニペグ/カナダ)


Art Cityは、同スタジオで行われるコラボレーティブアートワークショップを主導するプロのアーティストを募集。スタジオで行われるワークショップは無料で、特に子供向けむけのものを多く行っており、平均28名が定期的に参加。1アーティストによるワークショップ期間は5日間(月曜日~金曜日、15時30分~19時30分)で、スタジオマネージャーやスタッフ・ボランティアからのサポートがある。ワークショップ謝礼は1,500CAドル(5日間)で、その他旅費と宿泊施設が提供される。
≪対象≫様々な分野のプロのアーティスト(グループも可、しかし謝礼金額は同じ)
≪期間≫5日間
≪費用≫出願料なし
≪支援内容等≫アーティスト料1,500CAドル、旅費、宿泊施設
≪応募締切≫2017年2月6日
≪web≫http://www.artcityinc.com/get-involved/
締切まで あと約 17 日
, The Thicket Residency:The Thicket Residency [レジデンスプログラム](ジョージア州ダリエン/アメリカ)

The Thicket Residency:The Thicket Residency [レジデンスプログラム](ジョージア州ダリエン/アメリカ)


Thicket Residencyは、ジョージア州の低地帯の環境やその歴史を調べ、作品に反映したアートワークやリサーチを行うヴィジュアルアーティストや作家、歴史家、科学者を対象にしたレジデンスプログラム。2つの深い水路がある数千エーカーの手つかずの湿原の中に位置しており、滞在期間は基本2~4週間で、特に共同作業やグループでのプロジェクト作業を希望する人を歓迎。申請すると、1人当たり最大500USドルの奨学金が利用できることも可能。(申請書と2名の推薦者の名前・連絡先が必要)。
≪対象≫ヴィジュアルアーティスト、作家、歴史家、科学者など。キャリアは問わず
≪期間≫2~4週間(2017年2月1日~7月30日の間)
≪費用≫出願料なし
≪支援内容等≫スタジオスペース、プライベートベッドルーム、共用キッチン(※滞在中、車をレンタルする必要あり)、最大500USドルの奨学金の申請が可能
≪応募締切≫2017年1月31日
≪web≫http://thicketresidency.org
締切まで あと約 11 日
, Soulangh Artist Village:Arts in Residence Program (AIR) for 2017 [レジデンスプログラム](台南市/台湾)

Soulangh Artist Village:Arts in Residence Program (AIR) for 2017 [レジデンスプログラム](台南市/台湾)


活気に満ちたアーティストのコミュニティに住み、地元から国際的、若手から熟練まで、様々なアーティストと技術やアイデアを交換する機会を得ることができるレジデンスプログラム。アーティストはアートワークのインスピレーションを獲得するために、地元の職人と密接に暮らし、地域社会や活気に満ちた地元の文化を味わうことを奨励されている。2017年のテーマは、「サイト特有のアート」。地域環境(倉庫、緑地、屋外の装備、鉄道、子供用のアートギャラリー、屋内または屋外の空間を含む)に対応し、社会や自然、歴史的な場所と交流できるアートプロジェクトを募集。無料の宿泊施設とスタジオがあり、生活費の一部が返金される。
≪対象≫ヴィジュアルアーティスト、パフォーマンス、写真作家、ミュージシャン、特に環境や子供の美術教育、“サイトスペシフィック・アート”、地域の関わりに専念するアーティスト、台南市の写真と歴史研究に興味のあるアーティスト歓迎、英語か中国語でコミュニケーションできる人
≪期間≫約3ヶ月間(①2017年3月1日~5月20日、②6月1日~8月26日、③9月1日~11月25日)
≪費用≫出願料なし
≪支援内容等≫無料の宿泊施設とスタジオ、生活費一部返金(最大30,000台湾ドル /月)等
≪応募締切≫2017年1月22日
≪web≫http://air-culture.tainan.gov.tw/#LOC_EN
締切まで あと約 2 日
, MFA-Interdisciplinary Arts at Sierra Nevada College:Second annual Lupita’s Artist Project Grant [アートプロジェクト助成金公募](ネバダ州インクライン・ビレッジ/アメリカ)

MFA-Interdisciplinary Arts at Sierra Nevada College:Second annual Lupita’s Artist Project Grant [アートプロジェクト助成金公募](ネバダ州インクライン・ビレッジ/アメリカ)


今年で2年目となるLupitaのアーティストプロジェクトグラントは、ローカルおよび国際的アーティスを支援することを目的として、シエラネバダ大学のMFA学際的芸術プログラムから資金提供を受けている。すべての分野のアーティストが対象で、特に“場所”や特定の場に基づいたプロジェクトに関心のある新進アーティスト・グループを募集。提出書類には、使用する具体的な資材、占有するスペース、協力者、プロジェクトの詳細などを提出。(プロジェクトは2017年7月1日までに完成する必要あり)また、MFA-IAプロジェクトの一部として、アーカイブ作成も行う。
≪対象≫すべての分野のアーティスト(個人・グループ問わず)
≪期間≫年間 ※2017年7月1日までにプロジェクトを完成させる必要あり
≪費用≫出願料なし
≪支援内容等≫支援金1,000USドル
≪応募締切≫2017年1月15日
≪web≫http://site.sierranevada.edu/mfa-interdisciplinary-arts/project/lupitas-artist-project-grant/
締め切られました
12